「グループの1人」の域を出ない彼に誘われてしまったという時に使えるLINEテクを紹介します。友達のままでいたいからこそ、彼を傷つけずにやんわりお断りする方法があるんです。

1.人見知りなもので

 「ご飯行こうよ」という1対1の誘いに、あなたが「またみんなで行きたいね」と返せば、だいたいの人は「脈ナシ?」と気付いてくれます。しかし、それでも食い下がってくる時は「私、実はすごく人見知りで緊張しちゃうんだ…」と自分の性格のせいにしましょう。これなら彼は何も悪くない!

2.歯医者の予約をしているので

 お断りの王道、先約。歯医者やエステなど、外せない且つ予約が必須なものが無難です。美容室やネイルは次の日も会うような人だとバレるので要注意。「実家から両親が来ている」もアリですが、後から「ご両親とどこか行ったの?」などと話を広げられると面倒になるというリスクも

3.来月いっぱいまで埋まっちゃってるので

 ストレートに多忙を理由にするのも手。「来月はバースデーの友達が4人もいて毎週パーティーなんだよね!」などと、いつまでもスケジュールの空かない超人気者女を装いましょう。この際、事実はどうかはどうでもいいのです。話を盛りまくっていくうちに、彼も「これってお断りサインじゃ?」と苦笑いしてくれるでしょう。

 やんわり断ることで、「可能性は0ではない」と期待を残しておくのがポイント。今まで通り好意的に接してキープしちゃいましょう。

RECOMMENDS