「バリバリ仕事をして出世したい」「いい仕事に恵まれて自分らしく働きたい」……仕事に対する希望は人それぞれですが、仕事運がいいか悪いかは誰もが気になるところ。歌う占い師・青沼李果が出演した『こちら西麻布占い相談所』(AGARUTV:agaru.tv)にも、仕事に対するお悩みが届きました。九星気学とタロットを使って鑑定した様子をご紹介します。(>自分の本命星を調べる)

悪い仕事運は切れたので残った仕事を大切に

<今回のお悩み>

「仕事運を教えてください」(1972年1月7日生まれ・二黒土星/匿名)

「二黒土星さんですね。今は悪い仕事運が終わる時期です。これまでやってきた仕事が終わってしまうことはショックかもしれませんが、終わったのは悪い運にまつわる仕事。残っているのはいい運につながる仕事ですから、良いことだと思います。残ったお仕事を大切に、来年につなげましょう! 頑張ってくださいね」

自分が出世するよりサポートに回って

<今回のお悩み>

「出世できるか占ってください」(1995年4月5日生まれ・五黄土星/匿名)

「ご自身が出世したいって考えていらっしゃるのかな。でも実は、主婦とか、家を守ることの方が向いている相に生まれついているんです。ですから、自分の出世をゴリゴリ目指すより、誰かのサポートに回るほうが力を発揮できるはず。 早めに結婚して、パートナーを盛り立てるのがあなたに合った生き方。経済的に養ってもらうほうが幸せを感じやすいはずです。今、お仕事に向けているパワーを、婚活にも向けてみることをおすすめします」

仕事がなくなっちゃうなんて仕事運が悪い、出世できないのは実力がないから……? とついネガティブにとってしまいがちな出来事も、「実は悪い仕事運が終わっただけ」「出世よりサポートが向いている」という青沼のアドバイスで、状況がガラリと変わって見えてくるはず。自分に合う仕事、自分らしい生き方を選ぶチャンスかもしれません。

青沼李果

九星気学、タロットでの鑑定を主とする鑑定師。バンドの歌い手として音楽活動を並行して行っているため、音である「声」の様子で相談者の内面をはかる事も得意とする。「すぐそばにある幸せへの道を見つける」ために日々相談者に対し的確な鑑定を行い、情熱的でストレートな鑑定は一度体験すると病みつきに。

RECOMMENDS