「新年は運気アゲたいな~」ってただ思ってるだけじゃ運は開けません! 年末年始は開運チャンス! グータラするのもいいけど、よき新年のためにちょっとアクションしてみませんか? 『こちら西麻布占い相談所』(AGARUTV:agaru.tv)で、気学風水鑑定家・生田目浩美.が自身も毎年しているという開運アクションを公開!

今年やり残したこと、新年の目標を書く

<今回のお悩み>
ニックネーム:匿名
「生田目先生的に、年末年始にオススメの開運行動ってありますか?」

 「あります! 私が年末年始に必ずやることを教えますね。まず年末。その年にできなかったことを108個書きます。 書いたらすぐ一本線で消していきます。 例えば『5 kgやせられなかった』…ビーッと消す。「友達100人つくれなかった」…消す。それを108回。

 そして年が明けて1月1日、年末に書いた「できなかったこと」をもとに今年の大きな目標を決めるんです。翌2日、今年の目標をさらに100個書きます。



 そのうえで、2日の夜に見る『初夢』で『一富士、二鷹、三なすび』のどれかが出てきたらその目標が叶います! 空を悠々と飛んでいる、高いところから見下ろしている、何かを成し遂げている、というような夢を見られたら、いい年になりますよ」

ゴールドやクリーム色がラッキー

<今回のお悩み>
ニックネーム:クリスティーンデリ美
性別:女性
「来年の手帳はどんなものがオススメですか?」

 「2019年は八白土星の年。八白土星の色であるクリームっぽい色やゴールドのワンポイントが入ってるものがいいと思います」

  できなかったこと108個&目標100個を書き出す。ちっちゃなことでも具体的にするっていうのが大切みたい。ちょっと大変そうだけど、やり残した後悔を持ち越すことなく、新たな目標に向かっていけるなら、トライしてみる価値はありそう! みなさんがステキな2019年を迎えられますように☆



Fortune Telling

生田目 浩美.

気学風水鑑定家。心理学研究家。占術は、姓名判断・風水・九星・家相・手相など幅広い。著書「風水できょうからプチ改名」を通じて、新しい開運方法を指南。ナッキー流姓名判断を作り出す。自らも名前の最後に「.」を加え改名、開運している。幅広い占術でOLや女子高生、子供にまで信頼が厚い。

RECOMMENDS