相手ありきの結婚。だからといって結婚したら、相手のためだけに生きるのが正解なのでしょうか? 11月17日放送の『こちら西麻布占い相談所』(AGARUTV:agaru.tv)には、結婚への心構えに関する悩みが届きました。ポジティブカウンセラー・巫弥子が授けたアドバイスとは?

まずは自分を満たしてあげること

<今回のお悩み>
ニックネーム:かよ 
性別:女性
「私は結婚できますか? 結婚相手に尽くしてあげられるでしょうか?」

「結婚はできます。タイミングとしては2020年に1回、そのあと2023年、2024年にさらに強く出ていますね。そこでちゃんと結婚はできます。 ただ、かよさんは『自分以外の人のために生きなきゃ』と思いすぎていませんか? 人を思いやる気持ちは大切ですが、それだけではだんだん辛くなってしまいます。本来、自分が豊かでないと、人のために何かしてあげるのは難しいものです。自分に自信がなくて『そうしないと必要としてもらえない』と考えてしまっているのかもしれませんね。かよさんが思い描く『必要とされる自分』と現実がかみ合わなかったら、辛さが増すだけ。空回りしたあげく『私何してるんだろう……』と疲れきってしまいます。 1つの考えとして、人のために何かすることで自分も豊かになれるんだと理解しましょう。自分を豊かにして、そのエネルギーでみんなを幸せにするという気持ちを持たないと枯渇しちゃいますよ! そこだけ気をつけましょう」

結婚の可能性はあるので焦らずに

<今回のお悩み>
ニックネーム:猫になりたい 
性別:女性
「付き合ってもうすぐ1年の彼氏と結婚するか迷っています」

「結婚の可能性はあります! ただ、腹が決まっているあなたに対し、彼のほうはまだ若いということもあって実感がわいてないようです。もう少し時間がたって結婚生活をイメージできれば、一緒にいる未来を想像できるのですが、そこまで追いついていないのが現状です。このまま今の彼と一緒にいていいと思いますが、結論は2人で出すもの。焦らずに!」

  「人のために何かするには、自分が豊かでなければならない」という巫弥子の言葉は刺さるものがあります。与えたり、与えられたりして、お互い豊かになっていけたらステキですね。

巫弥子

恋と幸運を引き寄せるアドバイスを、笑顔で伝えてくれる鑑定師。同年代の女性に多くリピーターを持つ。「話すだけで元気になった」「答えが分かってスッキリした」どんな小さな相談でも、いま必要なメッセージをポジティブに伝え、その人が抱える不安が幸せへと変わるよう、誠心誠意鑑定をする事をモットーにしている。

RECOMMENDS